睡眠時無呼吸症候群(SAS)体験談~症状・検査・治療の実体験報告~

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
睡眠時無呼吸症候群とは
  • ホーム
  • [睡眠時無呼吸症候群とは]CPAPとは?

CPAPとは?

CPAPとは、(continuous positive airway pressure)シーパップと呼びます。

睡眠時無呼吸症候群の患者に使う機器で、鼻にチューブがついたマスクのようなものをつけ、チューブより圧力がかかった空気を気道に送る機械です。

狭くなった気道に圧力のかかった空気を送り込むことにより、狭まった気道を強制的に広げ呼吸をしやすくします。

CPAPは、「固定CPAP」と「オートCPAP」の2つのタイプに分けられます。

「固定CPAP」とは、計測器で事前に圧力を測り、診察を受けたときに医師が装置に設定し使用するものです。

「オートCPAP」とは、設定しなくてもその人の気道の状態によって圧力が変化するタイプで、気道のデータを記憶するタイプもあります。

その人の呼吸状態によっては、オートCPAPが使えない場合もあり、必ずしもオートCPAPの方が良いとは限らず、その人によって使用されるタイプが異なってきます。

日本では保険を使うことができ、診察を受け、機器はおよそ月5,000円くらいでレンタルが可能となっています。

機器を購入することもできますが、価格のほうがかなりかかってしまうため、レンタルの方がよいのではないでしょうか。

効果は人それぞれですが、早く出やすく、使い始めて数日でいびきが解消されたり、熟睡できたなど 睡眠時無呼吸症候群の症状が軽減したした例もあります。
しかし、やはり鼻にマスクをし、固定するわけですから、始めは慣れない人が多く慣れるまでに時間がかかってしまう人もいます。

少しでも使用者が違和感なく使用できるために、マスクフィッティングといい、鼻の角度や長さや固定するひもの長さや位置など、いろいろな調節ができるようになっています。

このページのトップへ

プロフィール

睡眠時無呼吸症候群治療中の男(40代後半)

東京都在住。
自営業を営む40代後半の男です。日々PCに向かってのデスク作業で極度の運動不足(涙)です。

子育てブログ

当サイトへのお問合せ

当サイトへのご連絡また情報提供(!)は、お問合せページよりお気軽に送信下さい!